お母さんも一緒に | 子供の英語力をアゲアゲにする英語専門スクールについて
ENGLISH

お母さんも一緒に

赤ちゃんとお母さん

英語専門スクールで、赤ちゃんの頃から英語の勉強。こう書くと、赤ちゃんを保育園的なところに預けるような印象があるかもしれませんが、保育園と英語スクールは違うということを、まずはきちんと押さえておきましょう。
そこは、子供の中でも赤ちゃんという小さな存在を対象にしているとはいえ、お勉強のための場所であるということ。
そして、赤ちゃんがお勉強をするためには、お母さんの協力が欠かせないということです。
赤ちゃんが1日を通していちばんコミュニケーションを取る相手は誰かというと、それはやっぱりお母さん。
スクールの中だけでなく、家でも英語を交えることによって、赤ちゃんのうちから英語に慣れた生活をおくることが出来、ますます効果はアップします。
というわけで、お母さんも交えた赤ちゃんのクラスを置くスクールが、増えています。

お母さん用の講座

子供がどのようなことを学んでいるのか、お母さんたちが知る機会を設けているスクールもあります。
何と言っても、赤ちゃんだけでなく子供が生活の基盤とする場所は家庭ですから、お母さんも多少は英語に慣れておく必要があるわけで、スクールではお母さんたちにちょっとしたレッスンを行うというところがあるのです。
この取り組みは、子供たちにとっても決して悪いものではありません。子供たちは、お母さんたちがレッスンを受けているのを見て、「一緒に勉強している」ということを意識するようになります。
それがいっそう、子供たちを刺激し、伸ばすきっかけになるのです。