教材について | 子供の英語力をアゲアゲにする英語専門スクールについて
ENGLISH

教材について

幅広い年齢層

今、英語専門スクールでは、赤ちゃんの教育から中学生、高校生の教育まで、幅広い年齢層の子供たちが対象となっています。
「早いうちから英語を学ばせる」というときの、その「早い時期」は、実に生後6ヶ月とかそのレベルなのです。
このように、子供たちと一口に言ってもいろんな年代の子供がいるわけですから、当然ながらスクールが採用している教材も、幅広いものがあります。
文字の概念も持たない赤ちゃんに単語帳をわたしても、何の意味もありません。高校生が「ABCの歌」を聞いても、あくびをするだけです。
それぞれの年代の子供たちが、それぞれのレベルで学べる教材が、用意されているわけです。それこそ、赤ちゃんが楽しく英語の基礎を学べる英語の歌や絵本があります。
あるいは、小学生や中学生が行うネイティブの先生との英会話の授業などがあります。それに使われる参考書が用意されているのです。

パソコンを使って

現代ならではの教材を取り入れる英語専門スクールも増えています。英会話学習や、英語のタイピング学習を行うことが出来るパソコンソフトの導入です。
小学校低学年の子供でも、楽しみながら学ぶことが出来るゲーム感覚のパソコンソフトから、本格的な英会話用の、ヘッドセットを使って喋って学ぶソフトなど、さまざまなものが使われているのです。
やはり、こういう設備の面で充実しているスクールは、強いといえるでしょう。
また、もちろん教材や設備だけでなく、講師の人たちの教え方にも目を向けるべきです。しっかりした先生たちが、しっかりした教材で教えてくれるスクールが、理想です。