後悔させません!

子供の英語スクール

国際化の時代

今や言い古されたことではありますが、現代は国際化の時代。
「駅まで行くにはどうすればいいですか?」と、町中で外国の人に聞かれる機会も増えましたし、私たち自身もどこかに旅行に行って、そういうふうに道を聞くことがあるかもしれません。
世界中でいろんな人たちが、それぞれの国の町角で、互いに声を掛け合っているのです。
ところで、その町角で話されている言葉は何でしょうか。僕が実際に日本の町角で外国人の方に駅への道を尋ねられたときは、英語が使われました。
その他、世界各国の町角で英語は使われていると思います。つまり今の時代、国際的な交流が町角レベルで行われている中で必要なのは、英語を話すチカラなのです。

英語を学ぶ

僕は中学、高校、大学と英語を勉強してきた身ですが、駅への道を尋ねられたとき、しどろもどろで何とか身ぶり手ぶりを加えて納得してもらった感じでした。
「Subway(地下鉄)」という言葉がなかなか出てこなくて、さぞかし「何だこのヘンなジャパニーズは」と思われたことでしょう。まったく、お恥ずかしい話です……。
みんながみんな僕のレベルであるということはないでしょうけれど、とっさのときに英語がなかなか出てこないという人は多いんじゃないでしょうか。
何年も何年も、英語の勉強をしてきたはずなのに!
そういうわけで、今では「子供の時分から英語のチカラをつけさせたほうがいいのではないか」あるいは、「学校教育だけでは足りないのではないか」ということが言われはじめ、子供たちを対象とした英語専門スクールもちょくちょく見られるようになりました。
国際化時代に強い子供たち、そして若者たちを育てる。そういう意気込みが、感じられます。

オススメリンク

子どもと言語教育

「英語は子供のうちに始めた方がいい」という話はよく聞きますが、具体的にはどういう理由があって言われているのでしょうか。「本当にそうなの?」という人のために、説明しましょう。

詳細を確認する

教材について

子供のための英語専門スクールでは、どのような教材が使われているのでしょうか。ここでは、その説明をしましょう。生後間もない赤ちゃんから中学生まで、幅広い層を対象にした教材があります。

詳細を確認する

お母さんも一緒に

特に小さい子供の英語教育には、保護者の協力が欠かせないと言われています。子供たちと普段からコミュニケーションを取る機会が多いというのが、その理由です。英語専門スクールでは、そんな事情に合わせた取り組みも行われています。

詳細を確認する

文法も学べる

英語をしゃべるだけではなく、書けるようになるスクール。それが本当に良い英語専門スクールであると言えます。英会話と同じように、英語の文法も、子供のうちから学べばよく身につくと言われています。

詳細を確認する

TOEIC受験

「今、自分はどのくらいの英語力を持っているんだろう?」ひとりひとりの子供がそれを知ることが出来る、そのために存在しているのがTOEICなどの試験です。スクールを通して、それらの試験は受けることが出来ます。

詳細を確認する